心臓血管外科

ホーム心臓血管外科

ハートセンター 心臓血管外科

当科は、民間病院のフットワークのよさと、大学病院と変わらない高度な医療をモットーにしています。循環器疾患の外科治療全般を行っております。

病気になり、不安を抱えている患者さんに対し、優しさをもって接し、早期退院、早期社会復帰を目指しています。

治療とは、手術だけではなく、手術前の検査、説明、その後の外来通院にいたるまで、通して行われるものだと考えています。手術後も、手術を行った医師達が外来で責任を持ってフォローいたします。

看護師、コメディカルスタッフでチームを組み、日々、患者様の治療を行っています。
循環器内科と話し合い患者さんにあった治療法を選択、提案し、手術を行います。

緊急手術の受け入れ体制も確立しています。

また、セカンドオピニオンなど、手術に対する相談も受け付けています。

扱う疾患および特色

狭心症、心筋梗塞に対する冠状動脈バイパス術

心臓の筋肉を養う血管(冠状動脈)が細くなってしまったり、完全に詰まってしまった状態を狭心症、心筋梗塞といいます。当科では体に負担がかからないよう、人工心肺(機械のポンプ、人工の肺)を使用せずに、心拍動下(心臓が動いた状態)でバイパス術を行うことを積極的に行っています。


弁膜症に対する弁形成、弁置換術

心臓にある扉(弁)が開きにくくなってしまったり、開いたままの状態になり、心臓に負担がかかってしまっている状態を弁膜症といいます。その扉を修復(弁形成)、または、取り替える(生体弁、機械弁)手術を行っています。弁形成、生体弁、機械弁と、その患者さんに適した手術法を提案し、選択いたします。


動脈瘤、急性大動脈解離に対する人工血管置換術又は、ステントグラフト内挿術

心臓より、体中に血液を送る管(動脈)の幹(大動脈)が膨らんでしまったり(大動脈瘤)、壁が裂けてしまう(大動脈解離)病気の手術を行います。悪くなった血管に変わり、人工の血管を移植します。

又、最近はステントグラフト内挿術という低侵襲治療も行っております。


下肢閉塞性動脈硬化症に対する、血管手術、カテーテルによる径皮的血管形成術

足の血管が細くなってしまったり、つまってしまい、足先に血液が流れにくくなった状態を下肢閉塞性動脈硬化症といいます。カテーテルにより細くなった血管を膨らまし治療したり(血管形成術)、手術によるバイパス術を患者さんの状態により、選択、治療いたします。


下肢静脈瘤の高周波アブレーションカテーテル治療

健康な下肢静脈では、弁が開閉して血液を心臓に戻すのを助けていますが、弁に損傷や病変が生じると血液の逆流により、静脈圧が上昇し血管に瘤(こぶ)が発生します。
下肢静脈瘤により、下肢の重感や倦怠感、痛み、皮膚の変化や四肢の腫脹、潰瘍などの症状がみられる場合があり、治療しないで放置すると、症状が徐々に悪化することがあります。
高周波アブレーションカテーテル治療は、皮膚に開けた小さな開口部から高周波アブレーションカテーテルを挿入し、カテーテルから放出される熱により、静脈壁を収縮させて罹患静脈を閉塞させます。
高周波アブレーションカテーテル治療による治療時間は片足20~30分程度で、医師の診断により、日帰り手術が可能です。
術後には痛みや皮下出血などの合併症がおこる可能性がありますので、術後の合併症及び効果については、医師にご相談ください。

診療実績一覧

 
  

このページの先頭へ