看護部より

ホーム看護部より

循環器治療の中核センターとして

平成22年10月に新規開院

ひとりひとりがこれからのハートセンターを支える大切なメンバーです。

西新井ハートセンターは、長く地域医療に携わってきた西新井病院を 母体として、平成22年10月に新規オープンいたしました。 人口の高齢化に伴い、今後、着実に増加するだろう循環器疾患に対して、 より多くの皆様に信頼と安心の医療を提供し、さらなる地域貢献に寄与 することを目的としています。 真新しい2階建ての建物には、外来、CCU、ICU、病棟、カテーテル検査室、 手術室等々の循環器疾患の診断・治療に必要な全機能を配備し、24時間体制で 運用するシステムをとっています。

西新井ハートセンター病院シンボル

西新井ハートセンターの看護部が目指すところ

心温まる看護のために

  • 医療チームの一員として自分の役割を自覚し、信頼して協働する。
  • 専門職として科学的、創造的、かつ主体的に自己を研鑽する。
  • 看護職としての責任と誇りをもち、一個人としても豊かな心と感性を育む。
  • 常に相手の立場に立ち、人間尊重に基づいた質の高い看護を提供する。

新人ナースのみなさんへ

私達は、看護理念に基づき来院されるすべての皆様に<心あたたまる看護>を実践し末永く愛される病院をめざしています。 当院が掲げる<心あたたまる看護>とは、循環器疾患を抱え様々な不安のもと来院される患者さんひとり、ひとりの立場に立ち、人格や生活、権利の尊重に基づいた安心で安全な質の高い看護を提供することです。


今後、時代は超高齢化を迎え患者さんの社会背景も多様化するとともに、看護師に求められる役割も刻々と変化していきます。 これらの期待に応え、質の高い看護を提供するには専門性の高い看護技術や知識を持ち、時代の流れに柔軟に対応できる看護師が求められます。

当院は開院して数年ですが、現在までに、院内教育の強化はもちろん、院外の施設に出向き研修を行うなど従来の枠にとらわれず様々な教育を取り入れてます。

また、病床数が21床と小規模なため、患者さんの顔がよく見えるので患者さんに寄り添った看護を実施しております。 このような環境で働くことは、看護師としての誇りや自信、やりがいにつながり看護師としての力を発揮できると信じ、これからも<心あたたまる看護>を実践するため看護師の教育支援と働きやすい環境づくりに努めてまいります。


西新井ハートセンター病院

看護部

 
  

このページの先頭へ